[ Tags :: スズキコージ ]

スズキコージのズキン惑星展

名古屋、電気文化会館での
「スズキコージのズキン惑星展」をみてきました。

会場は三部屋に分かれていて

 1.絵本で使用された絵の展示。
  出版されたスズキコージさんの絵本も集められ、
  自由に読めるようになっている。
 2.商業用かそうでないのか、わからない絵の展示。
  でっかい絵がいっぱい。
  コラージュなど、いろんな種類の絵がありました。
 3.来場した人が参加できる「万国旗作成コーナー」?
  自分は参加してませんが、何台か机が置かれていて
  真剣な子供の顔が仮面のように並んでました。

がありました。

まだ背のひくい子供がみやすいようにとの配慮か、
展示作品はやや低く設置され
自分は目線を下にしてみることが多く、
巨人になったみたいだと思ったりしました。

たくさんの絵のほか、
天井からは人形がつるされていたり
シンメトリー模様の切り絵が
万国旗風に飾られていたりと、
わからんいきものがたくさんいる森の中に迷ったよう。
すれ違った子供がこわいこわい言ってたな。


造形、色の使い方、描き方など
とにかく精力的に感じられる絵で、
隠し事なしで描ききってる印象を持ちました。

でたらめで緻密でにぎやかな生き物たちと、生き物でないものたち。
ぼんやり眺めているだけで音楽がきこえたり、
どこかの場所のにおいが漂ってきたりする錯覚があります。

勝手な印象なのですが、スズキコージさんは
イメージを具体的に絵にすることに対して器用で
絵の完成像への意識が出来上がっているように感じます。
自由に描くと同時に
しっかりとした考えをお持ちなんじゃないかな。とか。。
ともあれ、ロマンチックでたくましくて
親しみがある絵だな、と思いました。


鑑賞中、不思議を具体的にしたイメージが
天災のように絶え間なく目に飛び込んできて
つねにぐるぐる回り続けていました。
会場を出るときにはお祭りというか、
宇宙のパレードみたいなものに参加した気分で、おなかいっぱい。
すごかったです。

— posted by KaitenZ at 02:04 am   commentComment [1] 

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2017.6 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL:
ThemeSwitch
Created in 0.0372 sec.