[ Tags :: あいちトリエンナーレ ]

あいちトリエンナーレ

すーごい甘いのが欲しいときがある。
テレビから山際澄夫という人の声。これは意見というより処世術を聞かされてるみたいな。すごいな。


名古屋で開催されたあいちトリエンナーレにいってきました。

会場が七ヶ所にも分かれていて
地下鉄での移動や体力を考えたら時間が限られてきそうだな、と思って
ずいぶんと急ぎ足で駆け回ったのですが
とりこぼした作品も多かろうと思われ、いま考えたらもったいなかったなと。

まだ入っていない会場なら別の日に入場することもできるので
何日かかけてじっくり鑑賞すれば良かったんですが、
10月いっぱいまで開催してるしまだいいや。とか
この時期まで引き延ばしてたのがまずかったですね。遅すぎた。


どういう作品が展示されているのか知らないまま
三年に一度の国際芸術祭ってなんだろう。すごいかも。人生変わるかも。と
未知なるものとの出会いにドキドキしつつ足を運んだんですが。
いざ展示場にて、アトラクションみたいなものや
都会での異物感を出したみたいなもの、意外な生命感を示したもの
自分には理解できないものなど、
発想も手段もいろいろな作品が続々と登場するのをみていると
お祭りかあ。百鬼夜行みたいな。
名古屋に絡んでくる妖怪のパレード。をこの世から眺めてるみたいだな。
と思いました。

いちばん印象に残ったのは
名古屋市美術館に展示されていた塩田千春さんの作品で、
すごく大きい、子供が50人くらい手をつないで囲めるくらいの
白いでっかいシーツの上に直径 8ミリほどの透明なチューブがどっちゃりと、
2/3食べかけのスパゲティぐらいに薄く盛りつけてある。
そのチューブには赤い液体がいくらか隙間を持って注入されていて、
チューブの中で濃い赤薄い赤透明の三色にくっきりと分かれている。
幾重にも重なり曲がりくねったチューブのほうぼうで、液体が息をするように
ときおりとっくんとっくんと動くのがみえる。

白地にぶちまけられた赤色に
映画「キャリー」のショッキングシーンを思い起こしたり
ヤスデが大量発生して電車を止めたニュースの光景を清潔に表せば
こういうふうになるのかも。とか考えました。
清潔に管理することと雑多としたたくましい生命群が対立している図、という
印象だったです。


長者町会場では、どこに作品があるのかさがしあぐねて
その辺りをうろうろ歩き回っていたのですが、
展示の作品をみてうずうず感じたり思ったりするのもいいけれど
歩きながら町の様子をみるのもなかなかだな。と脱線してしまい
散策のほうに気持ちが向くようになってしまいました。

生地屋や服屋やボタン屋などがたくさんみられ、
繊維という産業で町が成り立っていること、
合理的で無難な新デザインと遊びが感じられる旧デザインが渾然とした建築群、
道が格子状にできている見通しの良さ、
地面に高低差がなくてのっぺりしている薄気味悪さ、
城下町のにぎやかさと一体感、
交差点に信号がなく自動車もあまり通ることなく
町をゆっくり眺めみられたこと、
いい年のサラリーマンがわいわいと集団で歩道を占領して歩いている姿、
こんな立派な建物はどうせ銀行だろうとか思ったらほんとにそうだった、など。

そんなこんなを眺めつつとぼとぼ歩いているうちに那古野神社を発見。
うちの近所の神社と違って敷地が広く、よくわかってないけど
ご神体らしきものが五六もあって、多くの人が関わった様子がみられました。
ゆっくり歩き回ってみると、静かで厳かななかで
何体かある狛犬の一匹の鼻あたりが欠けていたり、
灯籠に寄ると危険ですと張り紙があったり、
めがねをかけた若手サラリーマンが一人で弁当を食べていたりと
ここだったら日常から逃げ出すことを
許してくれるかもしれないね、という気持ちになる。

もともとは千年前に創建されて、百年前にこの場所に移ってきたらしいけれども
生活や環境がどんどん変わっていくなかで、町のおもりのような役割として
ずっとゆらぐことなく存在している。
こうやって眺めていろんなことがゆっくり考えられるのは
ほんとにいいな。豊かだなと思う。

神社を出ると広い車道に隣接していることがわかり、上空には高速道路が。
自動車がどんどん通るのを眺めていたのですが、
この辺りはどういう考えでこうなったんだろう。
いずれ調べてみたいところです。


自分は現代芸術という枠組みをわかっていないのですが
自分が観た作品の一部に限っていえば、
腕を素直に見せるようなものはあまりなくて
発想を形にすることを目的にしたり、
鑑賞者に想像や空想を促すもの、みたいな感じがするものが多かったかと。
作者の身体にしみ込んだ目線や腕よりか
その時点での瞬発的なアイデアや技術が表に立ってるものが多い印象で
ぱっと見て理屈づいた玩具というか、科学の実験をみてるみたいだなーと
思ったりしました。

手を動かして作る楽しみが伝わりにくい、というより
存在しないものすらあるみたいだったし、全体的に不安定さを感じました。
正直なんだかあたまの良さそうな作品ばかりで、ちょっとぐったり。
自分などにはもったいなかったかも。

駆け足でしたが一応いろんな作品を拝見して、
長者町一帯の
歴史を積み重ねてきた造形を眺めることもできて良かったなと。
まだトリエンナーレの一回目みたいだけど、試みを続けていって
ものをつくるということを気にしてくれる世間になっていってほしいなーと
期待しています。

— posted by KaitenZ at 04:38 am   commentComment [1] 

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2017.6 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL:
ThemeSwitch
Created in 0.0113 sec.