点面時計

0001


点時計というものを考えた。
短針と長針、秒針の先を点で示し、時間とともに大中小の点が旋回します。
画は 00時38分00秒と 10時08分35秒。
時計の機能よりも見た目を考えた趣味的なもの。
目玉みたいですね。


0002


面時計というものを考えた。
短針と長針、秒針の先を結んで三角に描写し、時間とともに形が変わります。
画は 00時38分00秒と 10時08分35秒。
時計の機能よりも見た目を考えた趣味的なもの。
何十年も前のコンピュータゲームみたいですね。この画もベクター形式で描いたものなんですけれど。


一応これらは画像ですので動きません。

— posted by KaitenZ at 10:52 pm   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2016.3 >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
T: Y: ALL:
ThemeSwitch
Created in 0.0174 sec.