地球はこのように動いており、
エネルギーを受けやすい位置と受けにくい位置ができているようだ。
ではどこが受けやすくて、どこが受けにくいのか?
それは決まった場所なのだろうか。

今度は地球表面のどこか一点だけをみて
その場所が受け取るエネルギー量の違いに注目してみた。
おおまかにはこのようになっている。

1.地球の自転軸に近い場所は、エネルギーをあまり受けない。
2.自転軸から離れた場所は、エネルギーを受けやすい。
3.その中間の場所は、太陽を一回りするあいだに受けるエネルギーの量が増減する。
4.地球が太陽を一周した後は、どこの場所も同じようなエネルギー量の増減が繰り返される。

日本という場所は前述の3番目、
自転軸から近くもなく離れてもいない、中間の位置にある。
ここに住む人間は、太陽のエネルギー量増減をどう認識するのだろう。


01  02  03  04  05  06  07  08  09  10
11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
21  22  23  24   先頭 

通り抜け日記 kaitenz